勉強効率アップ

頑張って勉強していると成績が上がってさらにやる気が出てくる一方で、時々「あれ?なんかスランプかな?」と感じることはありませんか? 実はこれは人間の脳に起こる特有の現象のことで、プラトー現象(学習高原)というものなのです。 プラトーとは学習成長過程で一時的に停滞することを指します。...
【本当に役立つ】勉強効率アップ高評価アプリ厳選!自己管理に最適
「勉強効率のアップ」と「勉強のやる気が出る」の2つをテーマに、 ①無料のままでも広告は邪魔ではない  ②評価が高い、コメント内容も良い をクリアしたおすすめ自己管理アプリを紹介します。 話題性がある、イイネの数がいっぱいある割には、使ってみて思ったほどではないアプリっていっぱいありますよね。

高校生になってからが買い時!?集中力を保つのに最適な学習机
勉強に集中し、やる気をキープするための机なら、収納量のあるシンプルな机を選ぶことがとても大切です。しかし最近では、家の間取りや住宅事情より、中学生まではリビングで勉強という方も多いです。 高校生になったら今までと違いだんだん勉強量が増え、自分用の学習机を買って欲しいと思うようになってくるでしょう。

もしかしてスマホ依存症?デジタルデトックスで克服しよう!
もう現代の生活上ではスマホなしの生活なんて考えにくいことですよね? スマホ1つにSNSによるトーク、様々な情報収集だけでなく娯楽までもが詰まっていて、もはやなくてはならないマストアイテム。 でも1日何時間、そのスマホを見つめていますか? 意外と自覚症状がないのがスマホ依存症なのです。

受験生は大学の過去問(赤本)はいつから解くべき?
大学入学共通テスト、国公立大学や私立大学など、大学受験生は過去問はいつから何年分、もしくは何周やったらいいのか疑問ですよね? 過去問を解く時期は早すぎても問題がまだ解けないし、試験の間際では焦ってしまって、たいした量もやれないということも。 過去問はどのように使えばいいのか、志望校合格のための使い方について詳しく説明していきます。

【大学受験】眠い理由はこれだった!学生の眠気を覚ます3つの真実
寝る間も惜しんで勉強している方にとっては、睡眠時間の間も勉強できたら良いのにと感じることもあるでしょう。 ただ、残念ながら人間は平等に1日は24時間と決まっています。 睡眠時間が少なくても割と平気な人もいれば、少しでも多く寝たい、深く睡眠を取りたいと思いながら勉強している睡眠にはデリケートな方も多いと思います。

【第1回】やる気がグングンアップする勉強部屋! お部屋、やる気がみなぎる勉強環境ですか
蛍光灯の明るさと色温度の関係は一般的には 「電球色」が2700K、 「昼白色」が5000K、 「昼光色」が6500Kとなっています。  勉強に一番最適な色温度は、白黒コントラストが一番はっきりよく見える 「昼光色」です。  

【第2回】やる気がグングンアップする勉強部屋!お部屋、やる気がみなぎる勉強環境ですか
勉強机の上は、勉強に使用する教科書や参考書や辞書、ノートだけにして、ほかの余計な物は一切しまって下さい。 また、飲み物等も片付けてください。 机の上にゴチャゴチャいろいろな物を置くと、目に勉強とは関係のない余計な情報が入って、勉強に対する意欲や集中力を奪ってしまうからです。

【大学受験】頭が良くなる!?知らないと損する脳に良い栄養!
皆さんは脳のエネルギー源は何だかご存じですか? 血液中のブドウ糖と肝臓で作られる、ブドウ糖の代役となるケトン体(アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトン)です。

 無料で資料請求する