私立医学部試験科目・配点

2018年度

私立医学部31校 英語 数学 理科配点 二次試験内容 備考 英/数/理

国際医療福祉大学 200 150 200 小論文・面接

順天堂大学    200 100 200 小論文・面接

慶應義塾大学   150 150 200 小論文・面接

昭和大学Ⅰ期 100 100 200 小論文・面接

昭和大学Ⅱ期 100 100 200 小論文・面接

東京慈恵会医科大学 100 100 200 小論文・面接

自治医科大学 25 25 50 小論文・面接 集団面接40分、個人10-15分

東邦大学 150 100 150 面接 一次試験:基礎学力 論理的思考能力・数理解析能力等

関西医科大学 100 100 200 小論文・面接

日本医科大学 300 300 400 小論文・面接

後期(共通) 前期共通

東京医科大学 100 100 200 小論文・面接

藤田保健衛生大学 200 200 200 面接

産業医科大学 200 200 200小論文50 面接

大阪医科大学 100 100 200 小論文・面接 80/100/120

東京女子医科大学 100 100 200 小論文・面接

日本大学 100 100 200

●適正検査:心理テスト(80分重視)

●小論文(60分)重視

●面接(20分)重視 75/75/120(理科各60分)

東北医科薬科大学 100 100 200 小論文・面接

岩手医科大学 100 100 150 小論50 面接 適性検査

愛知医科大学 150 150 200 80/80/100

聖マリアンナ医科大学 100 100 200

二次試験:●適正試験(30分)

●小論文(100点60分)

●面接(100点) 休憩時間数学終わり50分、英語終わり80分 90/90/150

近畿大学 100 100 200 ●小論文:10:00〜10:40(40分)

●面接:10分程度 60/60/120

獨協医科大学 200 200 400 小論文・面接 70/70/100

久留米大学 100 100 200 ●小論文(60分・50点)10時〜

●面接 物理:原子の章・編を除く 90/90/120

東海大学 100 100 100 英語、数学、理科から1科目の計3教科合計300点

杏林大学 100 100 150 小論文(60分)

地域枠:※東京都地域枠利用の場合、二次試験に、

※茨城県地域枠利用の場合、別途茨城県による面接を実施します。 60/60/100

兵庫医科大学 150 150 200 面接

一次試験:小論文あり60分(二次試験の評価の参考にする) 90/90/120

埼玉医科大学 150 100 200 面接 一次試験:小論文50点/60分

●数学→理科→英語 80/60/100

後期 共通

福岡大学 100 100 200 小論文・面接・調査書 70/90/120

北里大学 150 150 200 ●適性試験

●論文

●面接

●高校の調査書 ●論文:

論理的思考能力、記述力、表現力、考察力、理解力を評価します。

出題形式は、一つのテーマについての論述とします。

●面接:将来医師としての職業に直結する受験生の人物、意欲、適性を評価します。

形態は、グループ面接または個人面接、あるいは両方を複合した方式で行います。 70/80/100

金沢医科大学:前期 100 100 200 ●グループ面接(20分程度)

●小論文:60分・60点 60/60/120

金沢医科大学:後期 100 100 – ●グループ面接(20分程度)

●小論文:60分・60点 後期試験は理科なし、英語・数学のみ 60/60/

帝京大学 100 ●課題作文

出題されたテーマについて、キーワードを全て使って、自分自身の考えを300字以内で書く。

●面接:10分程度、1名に対して試験官2名 英語必須、5科目から2科目選択

(数学、化学、物理、生物、国語【古文・漢文含む】)

各科目100点、合計300点

川崎医科大学 100 100 150 一次試験:小論文あり(50分) 80/80/120

医学部受験は東研!

 無料で資料請求する
東研