もしかしてスマホ依存症?デジタルデトックスで克服しよう!

スマホ依存

 

    もう現代の生活上ではスマホなしの生活なんて考えにくいことですよね?

 スマホで情報を得たり家族や友人と連絡を取り合ったり。

    特に学生にとっては勉強で調べものをするのには大変便利ですし、休憩の合間の気晴らしに動画や音楽などで楽しむこともできます。

 


スマホ1つにSNSによるトーク、様々な情報収集だけでなく娯楽までもが詰まっていて、もはやなくてはならないマストアイテム。
でも1日何時間、そのスマホを見つめていますか?
意外と自覚症状がないのがスマホ依存症なのです。


もしかしてスマホ依存症予備軍?


image




スマホは便利で楽しい反面、勉強が何よりも最優先である学生にとっては勉強の妨げになることがあります。
調べものをしたついでにSNSを覗いたり、You Tubeをサーフィンしたり。
ほんのちょっとのつもりが、気が付いたら30分も経っていたなんて経験はあると思います。


知らず知らずのうちにスマホ依存症に陥り、思ったより勉強がはかどらなかったり友達との会話のことがずっと気になったり、「あれ?おかしいな」と感じたらしたら要注意です。


スマホ依存症チェックリスト



image



どれだけ当てはまるかチェックしてみましょう


✔朝起きてまずスマホを見る
✔スマホを忘れてきたら落ち着かない
✔たいていSNSをやっている
✔Twitterのフォロワーが100人以上いる
✔You Tubeでマイアカウントがある
✔スマホの利用時間が1日2時間以上
✔就寝の時は枕元に置いておく
✔お風呂場にもスマホを持ち込む
✔トイレにもスマホを持ち込む
✔食事中もスマホを横に置いている
✔スマホの充電機器が充実している
✔遊べる無料アプリをたくさん入れている
✔スマホがいつも熱い


以上に当てはまるものが多ければ多いほどスマホ依存の可能性が高いです。
半分以上当てはまっていたらもはや中毒と言っても過言ではありません。


image


「自分はそこまでではない」とたかをくくってはいけません。
スマホ依存症予備軍の方はほとんどが自覚症状がないのが特徴なのです。


デジタルデトックス


デトックスとは体内の老廃物を排出することで健康を保つという意味あいでよく使われます。
実はこのスマホ依存症予防にもデトックスがキーワード。
やってはいけないこと、なるべくやらないほうが良いことなどを心掛けましょう。


寝る前、食事中、入浴中、トイレなどではスマホを持たない


image


image




よほど緊急なことがない限り、人間生活の基本となる衣食住の最中はスマホを触れないところに置きましょう。
必要だからではなく、ただなんとなく退屈しのぎに見るのは単なる惰性に過ぎません。
生活にメリハリをつけることがスマホと上手に付き合うコツです。


起動が早いアプリを画面に配置しない


立ち上がりが早くてストレスフリーなアプリはなるべく削除か、少なくとも画面に配置しないのが大切です。
プリインストールされたブラウザからわざわざ立ち上げるとなると面倒で見なくなるように抑えられます。


image




スマホをすべて断ち切るのではなく、動画なら何分、SNSならどれだけの文量までなど意識的にルール作りをしてみませんか?


無益な情報収集や動画のダラダラ視聴、ながらスマホをデトックスするだけでスマホ依存症とは無縁に。
今日から少しずつ試してみましょう。

 無料で資料請求する
東研