数学②

数学II

 

【大問数・解答数】

昨年と同様、大問数は4ですべて必答。

 

【出題形式】

第1問、第2問は中問形式で出題された。

 

【出題分野】

数学IIの全分野から出題。

 

【問題量】

昨年並。

 

大問数・配点は昨年と同様で、問題量・計算量も昨年並。

現行課程で初めて第2問は中問形式で出題され、面積から関数を決定する目新しい出題もみられた。

全体的には誘導に従って解き進められる問題が多い。

 

数学Ⅱ問題.pdf
PDFファイル 143.8 KB
01数学Ⅱ解答.pdf
PDFファイル 82.5 KB

数学II・数学B

【大問数・解答数】

大問数は5。

第1問、第2問が必答で、第3問~第5問から2大問選択。第1問、第2問は中問形式で、各2題であった。

 

【出題形式】

昨年から変更なし。1ラジアンの定義を選択させる問題が出題された。

答を選択肢から選ぶ問題が第1問で2個、第2問で3個、第3問から第5問でそれぞれ1個であり、去年より大幅に増加したが、それ以外は数値を求めさせる問題である。

 

【出題分野】

昨年通り、数学IIの分野が60点分、数学Bの分野が40点分の出題。

数学Bの3分野からは、2分野選択。第1問では「三角関数」「指数・対数関数」が出題された。

 

第1問〔1〕

三角関数

前半は弧度法の定義に関する問題で目新しい。

後半は三角方程式を解く定型問題

 

第1問〔2〕

指数・対数関数

最後の設問では2次関数の最大・最小に着目する必要がある。

 

第2問

微分法と積分法

〔1〕は接線と曲線で囲まれた図形の面積に関するおなじみの問題

〔2〕は面積から関数を決定する目新しい問題

 

第3問

数列

(1)(2)は定型問題

(3)は多くの文字が登場するものの、丁寧に誘導にしたがっていけばよい。

 

第4問

平面ベクトル

始点が頂点でない設定は珍しい。

図形的考察をほとんど必要としない計算の要素が強い問題

 

第5問

(1)は確率変数の平均・分散に関する基本事項を問う問題

(2)は昨年に引き続き二項分布に従う確率変数の問題

(3)は2年ぶりに母比率の推定に関する問題

 

【問題量】

昨年度と比べて計算量がやや減少した。また、思考力を要する問題が少なかった。

 

大問数、配点は昨年と同様。問題量、計算量は昨年並。全体を通して各分野の基本事項の理解が問われ、第1問では1ラジアンの定義を問う問題が、第2問では微分と積分の関係を問う問題が出題された。

 

第1問 (30点満点)

〔1〕 15 三角関数

〔2〕 15 指数・対数関数

第2問 (30点満点)

3微分・積分

第3問 (20点満点)

数列

第4問 (20点満点)

平面ベクトル

第5問 (20点満点)

確率分布と統計的な推測

※第3問~第5問より、2大問選択。

数学II・数学B問題.pdf
PDFファイル 275.6 KB
02数学ⅡB解答.pdf
PDFファイル 102.9 KB

 無料で資料請求する
東研