数学①

数学I

【大問数・解答数】

昨年と同様、大問数は4ですべて必答。

 

【出題形式】

昨年から変更なし。

 

【出題分野】

数学Iの全分野から出題。

 

【問題量】

昨年並。

 

 

問題量や計算量は昨年から大きな変化はなく、例年と同様に第1問から第4問まですべて必答問題であった。

各分野の基本事項の習熟度を測る出題であったが、一部でやや複雑な計算処理力や思考力を要する出題がみられた。

 

数学Ⅰ問題.pdf
PDFファイル 256.6 KB
02数学Ⅰ解答.pdf
PDFファイル 68.7 KB

数学I・数学A

 

【大問数・解答数】

大問数は5。第1問、第2問は必答で、第3問~第5問から2大問選択。第1問、第2問は中問形式で、第1問が3題、第2問が2題であった。

 

【出題形式】

答えを選択肢から選ぶ問題が第1問で4個、第2問で7個、第3問で2個、第5問で3個と、昨年に引き続き多めであるが、それ以外は数値を求めさせる問題。

第2問「図形と計量」、第5問「図形の性質」で空欄に当てはまる記号や文を選択する問題が、第3問「場合の数と確率」で等号、不等号を選択して確率の大小関係を比較する問題が出題された。

 

【出題分野】

全ての分野からの出題。ただし、数学Aの3分野からは、2分野選択。

第1問〔1〕は数と式からの出題であったが、6次式が出てきて珍しい。

第1問〔2〕は集合と命題からの出題であるが、集合演算の部分は難しい。

第1問〔3〕は2次関数の問題であるが、区間における本格的な最大値・最小値の問題が出題された。

旧課程の問題まで過去問演習をしていたかがカギ。

第2問〔1〕は三角比の問題であるが、後半で図形的考察が必要となる。

第2問〔2〕はデータの分析からの出題だが、読み取るべき内容がかなり多い。

第3問は確率の問題。(1)から(3)は表を作れば解答は難しくない。

(4)の考え方がポイント。

第4問は整数の性質の問題。2016年以来の不定方程式が出題された。(3)が難しい。

第5問は図形の性質の問題。

丁寧に図を描けばある程度推測はできるが、正確に議論をすることは難しい。

 

【問題量】

昨年よりやや減少。

 

大問数、配点は昨年と同様。問題量は昨年よりやや減少。

「図形と計量」「図形の性質」では、記号や数学的性質を選択して、それをもとに正しく図をかいて考える問題が出題され、論証の根拠を考察する力が求められた。

 やや難化した。

第1問 (30点満点)

〔1〕10 数と式

〔2〕10 集合と命題

〔3〕10 2次関数

第2問 (30点満点)

〔1〕15 図形と計量

〔2〕15 データの分析

第3問 (20点満点)

確率

第4問 (20点満点)

整数の性質

第5問 (20点満点)

図形の性質

数学I・数学A問題.pdf
PDFファイル 303.1 KB
01数学ⅠA解答.pdf
PDFファイル 79.3 KB

 無料で資料請求する